お家のお風呂が簡単にエステに大変身!塩風呂で冷え性は改善できる!

こんにちはharuです。

9月になって少しずつ気温が下がってきましたね。

それでも、家事で家の中をバタバタ歩き回っていると暑くてまだクーラーから離れられません(笑)

クーラーで部屋の中が涼しくなるのはいいけど、気が付くと足がむくんでいたり、足全体が冷えきっていることも結構あります。

本当はクーラーより扇風機の方が、電気代も安いし適度な涼しさがあって良いんですが、昔から扇風機が怖くてちょっと苦手なんです…

せめてお風呂ではちゃんと全身温まりたい…なにか良い入浴剤は無いかな?と思って色々調べてみたら「塩」を入れると良いことが分かりました。

まぁ…確かに「バスソルト」って昔からあるし、入浴剤に塩を使うのは体に良いんですよね。

でも、塩を入れることでどんな効果があるのかイマイチ分かってない…。

気になって、色々ネットで調べてみたら、想像以上に塩には女性にとって嬉しい効果が沢山!

今回は、入浴剤に塩を使う塩風呂にどんな効果があるのか、詳しく説明していきます。

塩の保温効果で、湯冷めしにくい体に!冷え性対策に大活躍

昔から、塩を入れた温泉は「熱の湯」と言われるほどです。

塩には保温効果があるので、入浴剤の代わりに塩をいれるとぽかぽかと体の芯まで温めてくれます。

その為、ぬるめのお湯でも塩を入れると体が温まるので、半身浴にももってこい!

お風呂からでても、湯冷めがしにくいので寝つきが悪い方や、冷え性で悩んでいる方にもおすすめの入浴方法です。

なんで塩を入れると、湯冷めしにくいのかと言うと

「体に付いた塩の粒子が、汗の蒸発を防いでくれるから」

だそうです。塩のおかげで、お風呂からでても体がぽかぽかしているので、ぐっすり眠れそうですよね。

体が温まると、基礎代謝も上がるので塩を入れる入浴方法を続けると、痩せやすい体質に変わってきます。

塩をいれるかいれないかで大違い!塩を入れるだけで4倍も汗が出る!

お風呂にゆっくり浸かっていると汗が出てすっきりしますよね?

私はお風呂で汗が出ると、なんとなく余分なものが排出された気分になってリフレッシュできます。

塩は保温効果だけでなく、血液循環の促進にも効果があるので沢山汗をかくことができるんです!

塩を入れたお湯は5分使っているだけでもかなりの量の汗がでます。

塩を入れたお風呂に20分浸かっていると、有酸素運動を60分した時と同じくらいの汗がでるので、ダイエットにも効果がありそうですね。

汗が沢山出ると、体に溜まった老廃物が汗と一緒に外にでるので、お肌がつるつるになる効果も。

サウナやエステに行かなくても塩さえあれば簡単にお家でデトックスできちゃいます。

便秘解消にも役にたってくれる!

何かと悩みの問題になりやすい「便秘」

便秘がつづくと、ガスが溜まりやすかったり、お腹が張って辛いなど色んな症状がでてきます。

私も運動不足などが原因で便秘がちです。

便秘になると、お腹のはりやガスが溜まる他に、肌あれまで引き起こすのでほんと良いことがない…。

塩風呂のデトックス効果と、保温効果で便秘の解消にも期待できます。

下半身のむくみに効果抜群!

塩の効果で体が温まって、沢山汗をかくことによって下半身のむくみも軽くなります。

塩をいれたお湯にただ使っているだけでもむくみに効果がありますが

入浴中に塩で足のリンパをマッサージしてあげるとより効果的!

血行が良くなるので辛い肩こりも楽になる

塩の血液循環の促進効果で、血液の流れがよくなって肩こりも楽にしてくれます。

体の冷えを感じた時以外でも、塩を入れる入浴方法は体の不調を直してくれるので積極的に入りたいですね。

肩こりのほかにも、頭痛や疲労回復にも効果があります。

アトピーも緩和させてくれる

実は、塩風呂はアトピーのかゆみを緩和させてくれる効果もあるんです。

塩の殺菌効果がアトピーのかゆみを鎮めてくれるみたいです。

しかし、これには個人差と、アトピーの症状によっては効果がない場合があるので注意が必要です。

紫外線のアトピーには効果がありますが、黄色ブトウ球菌が原因の場合は塩では殺菌できません。

背中の気になるぶつぶつにも塩風呂が効果的

背中にできてしまったニキビにも塩は効果を発揮してくれます。

背中にできたニキビって自分じゃ確認できないし、洗うのも大変…。

綺麗にしようと思って、ゴシゴシ洗ってしまうと逆効果…

そこで殺菌効果の高い塩風呂です。

塩の持つ殺菌力は背中のニキビにも効果があるので、ゴシゴシ洗うよりも塩風呂にゆっくり浸かるのがおススメ。

塩の殺菌効果で浴室のカビにも効果あり!

体の老廃物を出してくれるだけでなく、塩の殺菌効果は浴室のカビにも効果的です。

入るだけでも体に嬉しい色んな効果を発揮してくれるのに、浴室のカビにも効果があるなんて凄い!

環境にも優しいですし、残り湯でカビ対策が出来るのは一石二鳥ですね。

塩は何を使ったら良い?市販の塩でも大丈夫?

ここまで、塩風呂の効果を説明してきましたが、塩と言っても色んな種類がありますよね。

食塩でも良いのか、それとちょっとお高めの塩を買った方がいいのか…

私も塩風呂の効果を知って「こんなに良いことずくめなら今日からでも試したい!」と思いました。

しかし、塩の種類の他に、家の浴槽に塩を使って大丈夫なのかどうかなど色々不安に…

そこで「早く塩風呂を試したい!」気持ちを抑えつつ、塩風呂に適した塩はなにか?

どんな浴槽なら塩を入れても大丈夫か?など調べてみました。

市販の塩で塩風呂は出来る!ミネラル豊富な「伯方の塩」がベスト

塩風呂に適した塩は、ミネラルが沢山含まれている「天然塩」が効果を発揮します。

粗塩や岩塩がミネラル豊富で、食塩にはミネラルが含まれていないのでお湯に入れても効果がでません。

そこで、粗塩で有名な「伯方の塩」が手に入りやすくておすすめです!

きちんと塩の持つ効果を発揮してくれるので悩んだときはこの伯方の塩を買って試してみましょう。

ワンランク上の塩を使いたい時はエプソムソルトがおススメ

前に芸能人が使っているとテレビで取り上げられたのがきっかけで知りました。

名前にソルトと入っていますが、実際には塩ではないそうです。

何が入っているのかと言うと「硫酸マグネシウム」が入っています。

見た目が塩みたいだからソルトと入っているだけらしいですが、硫酸マグネシウムは温泉にも入っている成分で、デトックス効果や血液循環の促進、湯ざめしにくいなどの効果があります。

ここまでは、塩と同じような効果ですが、マグネシウムは体内の酸素を活性化させてくれる効果があります。

体内の酸素が活性化されると、体内の糖質がエネルギーに変えられ、体脂肪が燃えやすい体にしてくれる効果が…!

その他、爪が綺麗になったり、精神を安定させてくれる、筋肉痛に効果があるなど塩にはない効果を感じることが出来ます。

ただ、塩の様に殺菌効果はないみたいなので、アトピーがある場合、症状が悪化する場合があるので注意が必要です。

値段は、伯方の塩が1㎏で300円ですが、エプソムソルトは楽天で3㎏で1,500円で売られています。

伯方の塩と比べるとちょっとお高めですが、Amazonだと2・2㎏で1200~1600円くらいで売られているので

買うなら楽天が一番お手頃に購入できます。

おススメの塩風呂の入浴方法

エプソムソルトは入浴剤として使うものなので、最初から入れる分量が決まっていますが、市販の塩となるとどの位入れるのがベストなのか分かりませんよね?

30~50gの塩を、38~39℃のお湯に入れるのが一番良い方法です。

何故、38~39℃なのかというと、40℃以上のお湯に塩を入れると心臓への負担が大きくなるからだそうです。

少しぬるめの温度ですが、塩の保温効果で体は十分温まります。

粗塩がキチンと溶けたのを確認してから、10分入浴して、シャワーで流す、また10分入浴するのがおススメ。

びっくりするほど汗が沢山出て、すっきりします!

浴槽に粗塩は大丈夫?エプソムソルトは塩じゃないから心配不要!

粗塩の伯方の塩を使いたい時、注意するのは自宅の浴槽が追い炊き機能が付いているかどうか。

追い炊き機能が付いている浴槽の場合、塩が原因で故障する可能性があります。

故障の原因は、追い炊き機能がある場合、塩の成分で錆びて腐食していまうから…

いくら塩風呂が体に良いといえ、お風呂を壊してしまっては大変なので予め確認しておきましょう。

追い炊き機能がない浴槽でも、入浴後はお湯を流し、シャワーなどで塩をきちんと洗い流さないと錆の原因に繋がるので注意しましょう。

エプソムソルトは塩ではなくマグネシウムなので、錆や腐食の心配はありません。

入浴時間は最大限に生かさないともったいない!

せっかくの入浴時間、ただ入ってぼーっとしているのも良いですが、どうせなら有効活用しましょう。

塩やエプソムソルトを入れるだけであっという間にお家で簡単エステ気分を味わう事ができます。

塩もエプソムソルトも、どちらもお湯に入れるだけで体に良いことしかない!

特に女性にとって、冷えは美容の大敵!

お風呂で沢山汗をかいて、1日の疲れを癒してスベスベのお肌を手に入れましょう!